ネットでひとりの空間をつくること

最近、インターネットとの付き合い方が変化してきたような気がする。一人で考えたことをなんと無く残していた2005年から、気がつけばあっという間に15年の2020年。2020年、ネットで発信することは、一人で考えてるようで、実のところは誰かに聞かせることを意識しているような気もする。発信すること全てに数字がついて回って、気にしないようにしてても、気がつけば気にしているように思う。発信しているのか、発信させられているのか?たまにわからなくなってくる。もう一度、静かに一人で書き込むような時間を作るために違う形で自分のための発信と記録をはじめてみようと思う。

About The Author
           

清水淳子 | shimizu junko

デザインリサーチャー / 情報環境×視覚言語の研究 / 2009年 多摩美術大学情報デザイン学科卒業後 デザイナーに。2013年Tokyo Graphic Recorderとして活動開始。2019年、東京藝術大学デザイン科修士課程修了。現在、多摩美術大学情報デザイン学科専任講師として、多様な人々が集まる場で既存の境界線を再定義できる状態 “Reborder”を研究中。著書に「Graphic-Recorder-―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書」がある。 twitter@4mimimizuでも日々色々と発信してます。

Related Post

2021-06-23
日記をつけること
毎日いろいろありすぎて、色々な人に会いすぎて、どんなことがあったのかすぐに忘れてしまう。  
2018-07-12
車の教習所で思った上手な教え方
初めて人に教えるという体験をしたのは25歳の時。新卒で入社した会社を退職する際に『今まで学んだことを会社のメンバーに残していくつもりで、2時間くらい講義をやってみないか』と先輩に声をかけられて、教える場所を作っていただいたことが始まりだ。そ...
2017-12-10
ミーム視点でGAGAを考えてみる。
ずいぶん昔の話になりますが、今から7年前、2010年4月17日に横浜アリーナでのLADY GAGA来日公演「MONSTER BALL」に行ってきました。立ち見で一番遠い席だったのですが、いつもYouTubeでしか見た事の無い大好きなGAGA...