清 水 淳 子 | shimizu junko

UXデザイナー / グラフィックレコーダー / 研究者
Tokyo Graphic Recoeder 代表
多摩美術大学情報デザイン学科 専任講師
東京藝術大学大学院 美術研究科 情報・設計研究室

1986生まれ。2009年 多摩美術大学情報デザイン学科卒業。2013年Tokyo Graphic Recorderとして活動開始。同年、UXデザイナーとしてYahoo! JAPAN入社。データとUXを組み合わせたデザインプロセスの開発に従事。現在、議論の可視化について研究。著書に『Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書』がある。

ルーヴル美術館は、フランス王フィリップ2世12世紀に、もともと要塞として建設したルーヴル城(ルーヴル宮殿)に収容されている。現在の建物にも要塞として使用されていた当時の面影が一部残っているが、幾度となく増改築が繰り返されて、現在のルーヴル宮殿の建物となっている。フランソワ1世の改築計画以来、歴代フランス王の王宮として使用されていたルーヴル宮殿だったが、1682年にフランス王ルイ14世が、自身の王宮にヴェルサイユ宮殿を選び、ルーヴル宮殿の主たる役割は、1692年以来収集されてきた古代彫刻などの王室美術品コレクションの収蔵、展示場所となった[4]。1692年にはルーヴル宮殿に、フランス学士院碑文・美文アカデミーと王立絵画彫刻アカデミーが収容され、1699年に最初のサロンが開催されている。アカデミーはその後100年にわたって、ルーヴル宮殿に設置されていた[5]。そして、フランス革命下の憲法制定国民議会で、ルーヴル宮殿をフランスが保有する優れた美術品を展示する美術館として使用することが決定された。

美術館として正式に開館したのは1793年のことで、このときには、王室所有だった、あるいは教会財産から没収された絵画を中心として、537点の絵画が展示されている。しかしながら、建物の構造上の問題から1796年にいったん閉館されており、1801年に再度開館した。フランス皇帝ナポレオン1世が、諸国から美術品を収奪したことにより所蔵品は増大していき、美術館も名前を「ナポレオン美術館 (Musée Napoléon)」と改名したこともあった。その後、ワーテルローの戦いの敗戦でナポレオンがフランス皇帝位を追われ、ナポレオン軍が収奪していた美術品の多くが、もとの持ち主たちに返還されている。王政復古でフランス王となったルイ18世シャルル10世の統治時代、さらにフランス第二帝政時代で、ルーヴル美術館の所蔵品はさらに増え続け、20,000点を超える美術品が集められた。その後フランス第三共和政が成立したが、この時代にもルーヴル美術館の所蔵品は、遺贈、寄贈などによって着実に増えていった。2003年に「イスラム美術部門」が創設され、所蔵品が、「古代エジプト美術部門」、「古代オリエント美術部門」、「古代ギリシアエトルリアローマ美術部門」、「イスラム美術部門」、「彫刻部門」、「工芸品部門」、「絵画部門」、「素描版画部門」の8部門に分類されることとなった[6]

1987 清水淳子

1987 清水淳子

1987 清水淳子

1987 清水淳子

1987 清水淳子

1987 清水淳子

1987 清水淳子

1987 清水淳子

I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Welcome ! 4mimimizu page !

このウェブページは、清水淳子の議論の可視化を軸としたデザインプロジェクトをまとめたポートフォリオ。日常生活の体験から感じたことを元に、デザインについての考察を描いたドローイングデザインジャーナル。多摩美術大学で行っている情報デザインの授業内容をシェアするデザインラボ。この3つをお届けします。目に見えない思考と体験を軸に、情報のドローイングをするような、新しいカタチのデザインジャーナルの姿を模索 / 実験していきます。